行動する・創造する

先日、生まれて初めてプレゼンテーションをやりました。
それも50人もの聴衆の前で!

それまでプレゼンなんて見たこともなく、パワポの使い方も知らなかったわたしでした。
が、結果から言いますと―――大成功でした。

何も知らないわたしがプレゼンを無事に成功させるまでの間に学んだヒケツをまとめてみました。

プレゼン2

ゼロからなにかを始めるにはまず「知る」ことから

会社ではずっとバックオフィスだったので、たとえばビジネスで人がプレゼンするのを実際に見たことなんてない。
必要がないからパワポに触ったこともない。
そもそも経理担当だったわたしのパソコンにはパワポは入ってさえいませんでした(-_-;)
つまり、まったくの無い無いづくし、ゼロからのスタート。

さて、どうしようか?

そもそもプレゼンってなに?というレベルです。
なので「プレゼンとは?」を知ることが初めの一歩。

その時ちょうど、ほんとにたまたまなんですが、手元にこんな本がありました。

「スティーブ・ジョブズ驚異のプレゼン」
(カーマイン・ガロ著、日経BP社刊)

人に何かを伝えることをしているなら、この本は一度は読むべきだ、そう先輩に言われて手にして、寝かせたままにしていた本。

いくらプレゼンに無知な私でも、今は亡きジョブズがプレゼンの名手であったことぐらいは聞き及んでいました。
それでようやく、プレゼン発表日のわずか5日前(汗!)に、この本に目を通して見たんです。

驚きました!
ほんとにビックリしました。
え~~っ、プレゼンってそういうものだったの!?

その本には、わたしがそれまでに、だいたいこんな内容でいいかな~とイメージしていたことと、まったく違うことが書かれていたのです。

驚き、そして、ワクワクしました。
情報を伝えることが目的じゃないんだ。
聞く人に、自分の夢を語り、共有してもらうことがプレゼンなんだ。
少なくとも、わたしはそう受け取ったのです。

すごい人から学んでみる

それまでにぼんやりと描いていたプランはここで全部白紙へ。
わたしが考えていたのは単なる商品説明、情報の羅列に過ぎませんでした。
でも、プレゼンで目指すべきなのは、自分が提供する商品やサービスによって、どんな夢が手に入れられるのかを伝えること。

そのために、伝えたいものや想いを全部書き出す、という作業からもう一度始めました。

そもそもの目的はなんなのか。
何のためのプレゼンなのか。
そのプレゼンによって、どんな結果がほしいのか。

これらをじっくりと考えることで、プレゼンで語るべきことが明確に見えてきたのです。

プレゼンに与えられている時間はわずか3分。
その3分で何を伝えることが出来るのか?
絞り込むためには、目的がハッキリしていることが必須です。
目指すものがハッキリと分かっていれば、余分な飾りや脱線している部分、広げ過ぎている部分が見えてきて、削り落とすことができます。

そして、厳しく削り込んで削ぎ落して、純度を高めたものの方が、聞く人の心に強く響くのです。
それがジョブズのしていたことでした。

たたき台を作ってから徹底して絞り込む作業、これに全体の7割、いいえ、それ以上の時間とエネルギーを注ぎました。これもジョブズがしていたことです。

目的にフォーカスすれば自意識は消える

そうやって当日の朝にようやくスライドまで完成。
でもリハーサルをする時間がほとんどとれず、会場に向かう電車の中で、時計を見ながら一人でブツブツと練習してました。

そしていざ本番。

プレゼン1

初めてのことだし、一発勝負なので緊張はしました。
写真を見るまでもなく、表情が固い・・・(笑)
でも、あがるっていうのは、なかったんです。

音楽ライブの時はムチャクチャあがって、指も足も震えて、頭の中真っ白!になるのに、自分でも不思議なぐらい、意識しっかりしていました。

なぜなんだろうと考えてみて気づいたのは、プレゼンの間、ただただ目的だけにフォーカスしていた、ということ。

イメージ通りにプレゼンを進めること。設定した目標を達成すること。
それだけを考えていたので、自分自身のことは何にも考えていなかったんです。
うまくいくかな、なんていう心配もしていなかった。
ただ無心に「結果を取りに行って」いた感じ。
結果にコミットすると、ヘンな自意識は消えてなくなるんですね。

出来ている人のイメージを脳内にインストール

そうするために、イメージ作りはしていました。
つまり、プレゼンの名手スティーブ・ジョブズを降臨させること。
彼のイメージを着る、ということです。
なので、当日選んだ服はもちろん、黒のタートルとジーンズ!
なんといってもこれがジョブズ・スタイルですから。

こういうことって、気分なのだけど、効き目あるんですよ。
自分がやろうとしていることを上手にやっている人、エキスパート、成功している人のイメージを自分の中に刷り込むんです。いい意味での自己洗脳。脳内インストール。

これ実は、瞑想で使う技のひとつなんです。
自分を変えるのではなくて「すでに自分が望む状態になっている人」をありありとイメージして、自分の意識の中に取り込んでしまうんですね。
そうすることで、今の自分のままで、自分を変えることなく「なりたい状態になれる」わけです。その人を演じている、と考えてもいいですね。

準備と結果はイコールだと知る

何かをする時、準備したことはその通り結果になります。
もし思うような結果が手に入らなかったとしたら、それは準備が足りなかったということです。

このプレゼンは、「好きを仕事にする大人塾かさこ塾」という勉強会で最後に出された課題でした。
かさこ塾
一人一人のプレゼンに対して、出席者全員(この日は約50名)からフィードバックのコメントがもらえます。
受け手の反応がその場でハッキリとわかるのは、最高の勉強になります。

さて、いただいたコメントからわかったこの日のプレゼンの目標達成率は、なんと90%!
つまり、9割の人から、わたしが「こう受け取ってほしい」と意図した通りのコメントを頂けたのです。

プレゼンのパフォーマンス自体は、せいぜい60~70点といったところ。
一番最後に説明するつもりだったことが、タイムオーバーで語り切れずに尻切れトンボになってしまうなど、「足りない」部分はいくつもありました。
でも、もっとも大事にした部分、一番伝えたいことをちゃんと伝えることが出来たので、十分に成功だったと思っています。

そして「結果にコミットする」「目的にフォーカスする」ことからブレずにいると、時にありがちな的外れかなと思われるような批判を受け取っても、それに心を乱されずにいられます。
自分では気づけなかったことを指摘してもらえたらなら、そこからさらにグレードアップできるので、感謝して受け取ることも出来ます。

意識の矛先をどこに向けるか。
一つのことをやり終えた時、そこからさらに成長できるかどうかは、目的や意図を意識して行動してきたかどうか、なんですね。

今できる100%を

今回の人生初プレゼン体験。ひさびさに胃の痛くなる思いをしましたが、プレッシャーは初めての事へのチャレンジを後押ししてくれる相棒です。

完璧を目指すけれど、完璧にできなくていい
今できる100%をやり切る。
それがたとえ「完璧」な姿のほんの10%に過ぎなかったとしても、今できることをやり尽くせば、その10%がやがては20%へ、さらに先へと伸びていく。

幾つになっても、人生をどれだけ長く生きて来ても、「生まれて初めての経験」はあります。
チャレンジすることは自分を成長させること。恐れることなんてないのです。
100%の今の自分を楽しみながら、新たな一歩を進んでいきましょう。


※プレゼン写真撮影:よしだひろふみ氏
よしだひろふみ


瞑想講座

行動する・創造する

「習慣化」についての本やサイト記事、検索すると溢れるほどに出てきます。
それほど習慣化ができなくて困っている人が多いということなのでしょう。

そしてこんなにノウハウが出回っているのに、さらに新しいものがどんどん発信され続けている、ということは、どのノウハウもあまり成果が出ていない、結果が出ていない、と言うことなのかもしれません。

なぜ習慣化はうまくいかないのでしょう?
その原因わかっていますか?

本当はやりたくないから

何かを新しく始めても三日坊主で続かない理由、一番はたぶん、これです。
本当はあなたはそれをやりたくないから

ジョギング

胸に手を当てて感じてみましょう。

ダイエット、朝のジョギング、毎朝英単語を覚える・・・

本当にそれ「やりたい!」って心から思ってますか?

誰かがやっているから、それが健康にいいってきいたから、将来役に立つかなと思って・・・
漠然とした目標やフワフワした夢から生まれるエネルギーには、人生を変えるほどのパワーはありません。

ヒトは「習慣の動物」と言われるように、わたしたちの脳の仕組みは、昨日と同じことを今日もするようにセットされています。
だから、昨日とは違うことを始めるためには、それなりの原動力が必要です。

楽しくないから

好きなこと、楽しいことなら、「やるな!」と言われてもやりますよね。
続かないのは、それがあなたにとって楽しくない行動だからです。

「やらなければいけない」
「それをするべきだ」

そう考えれば考えるほど、わたしたちの心はやる気を失っていきます。
頭でいくら命令しても、心がいやがっていたら、身体は動きません。

それでもムリヤリ身体を従わせていると、やがてはストレスで健康を損なうことになるかもしれません。

それは、本当に、どうしても「あなたがやらなければいけないこと」なのでしょうか?
本当にあなたにとって「必要なこと」なのでしょうか?

もう一度じっくりと心に問いかけてみてください。
答えはあんがい「NO」かもしれませんよ。

やる気が出ないから

行動を習慣化することの一番のメリットはなんだと思いますか?

それは「やる気を出さなくても動けるようになること」です。

やる気で習慣は作れません。

一年の初めに「よ~し!今年は○○に挑戦するぞ~~!」と宣言する人は多いけれど、行動が続く人はほとんどいない、という話、よく聞きますよね。
そう、つまり、三日坊主
「やる気」だけで始めたものは、このパターンに陥ることが多いのです。

脳はナマケモノです

わたしたちの脳は、とても省エネに出来ています。エネルギー消費量が多いので、そうする必要があるのです。
だから、脳は変化がきらい。基本的に変わりたくないのです。
新しいことをやり始めて、習慣化するのに失敗するのは、この脳の仕組みが影響しています。

まずそのことをちゃんとわかっていることが大事。
やみくもに撃っても弾は当たりませんから。

意志の力は役に立たないと考えましょう、というより、これは使わない方がいいのです。
脳が警戒しちゃうから。警戒すると頑固になります。

同じように、決断力とか判断力もやたらと発揮しないこと。

意志力も、決断力も、判断力も、実はとてもエネルギーを消費する行為なんです。
これに頼っていると、小さな一つのことをするたびに、疲労します。それでは続くわけがありません。

脳の基本は、とにかく省エネ!
いつもラクがしたいんです。ムリはきらいなんです。

エネルギー消費が高いことをしていると、脳が警戒してブレーキかけちゃいます。

脳をうまく扱うポイント

脳は、わたしたちの精神活動基地であり、かつ、生命体としての肉体を維持するためのコントロールルームでもあります。

つまり、生命維持という本能の部分もまた、脳の仕事だということ。
このことを忘れてはいけません。
いざとなったら、生命維持の機能がぜったいに勝つのです。
だから、脳と闘おうとしないこと。

あの手この手で手なずけ、上手におだてて、だましましょう。
つまり、脳の好きなものを与えることです。

脳は省エネが好きですね。
だから無茶をしないこと。一度の変化は小さくして、驚かせないこと。

それから、脳は「快感」が大好物なんです。
楽しいこと。気持ちよいこと。うれしいこと。ワクワクすること。
これはみんな脳へのご褒美。元気になります。

happy

習慣を変えるときには、その行動を続けることで
「どんな楽しいことがあるか」
「どんないいことが起きるか」
を脳にしっかりとイメージさせること。

そして、出来たことは褒めること。
褒めると脳はうれしくなるので、またやってもいいかな、と思います。

負担を掛けず、警戒させず、ご褒美でいっぱい喜ばせる。

あれ、なんだか、小さな子供を相手にしているみたい。
脳って、すごい高性能・高機能なんだけど、案外カワイイ子供なのかもしれませんね。

講座スケジュール

行動する・創造する

あなたは生まれてから今まで、どのぐらいの長さの時間を、生きてきたでしょうか。

たとえば今あなたが48歳なら、単純に48年。
普通はまず、そう考えますね。

では、今日は生まれてから何日目ですか?

違う尺度で捉えてみると・・・

生まれてからの今日までの日数!?
赤ちゃんじゃあるまいし、そんなこと考えたこともない。

あなたのそんな声が聞こえて来るようです。

1年は約365日だから、たとえば今48歳なら、365×48年=17,520日
ざっと、計算するとそうなりますね。

今日が生まれてから何日目なのか、正確に知ることも出来ます。
こんなお役立ちサイトがあるんですよ(^^)

日数計算

ちなみにわたしは20,000日を超えていますが、例えば2万日と聞いて、あなたはその日数を多いと思いますか? それとも、案外少ないなと感じましたか?

わたしはこの計算をしてみて、え、それだけなの?と思わず声に出して、呟いてしまいました。

生まれてから今日までに流れて行った時間を思うと、それこそ記憶にもないほどに膨大、長大な時の積み重ねを感じます。
なのに、その記憶を日数で計算したら、たった2万日!

もっと宇宙規模の、捉え難いような数字を漠然とイメージしていたんです。それが「2万日」って・・・全然身近で日常的な数字じゃないですか。

時間が無限だという勝手なイメージ

わたしたちは【時間】という掴みどころのないものに対して、過大なイメージを抱いてしまっているのかもしれない。そう気づかされました。

たとえば1か月だって、たったの30日。一年で365日。
これをモノに置き換えるなら、たとえば365枚の100円玉なら、あっという間に簡単に数えることができる。

つまり、その程度の規模の数字なんです。

一年ってあっという間だな、と思うのは、理に適っていたんです。
だって、たったの365日、なんですから。
1年というひとくくりの単位で捉えるから、長く感じてしまうだけ。一日という実感しやすい単位に換算してみれば、それほど長い時間ではないことが納得できます。

3年でようやく1,000日小学校卒業の満12歳ではまだ4,380日
27歳5か月でようやく生後10,000日です。

このぐらいの年齢になると、まあなんとなく人生というものが分かって来る。それが生まれてから1万日の経験の結果だと考えてみると、どこか頷けるものがあります。

でも、これをその時の自分の身から過去を振り返ってみると、長い長い27年5ヶ月なんですよね。
これって、時間のマジック。数え上げてみたらそれ程でもないものが、計量できないもの(それほど膨大なもの)であるかのように感じてしまう、ということです。

「一日一日を大切に」の本当の意味

なにもせずにダラダラしていても、一日と言う時間はあっという間に経ってしまいます。
でもその一日は、貴重な一日。心の有り方とか、生きる姿勢と言う精神論ではなくて、物理時間的に文字通り「貴重な」一日です。

1週間の7分の一、一か月の30分の1、一年で考えても365分の1です。それを無為に、ムダにしたということです。
27年5カ月の1万分の1を捨てたということです。

倍にして55年生きても、たったの2万日なんですよ。その2万日の内の、どれほどの日数を無駄にしてきたことでしょう・・・

これは、だから一日たりとも休むな、と言うことではありません。
休もうと思って休むのは無駄な行為じゃありませんよね。「今日は何もしない!」と決めるのも、人生の選択、つまり行為です。

無為とは、何の意図も持たず、意志も持たず、望むイメージも持たず、ただ漫然と人生の時間を浪費・消費することです。

人生は、無為に生きるには短すぎます。

100歳まで元気に生きていくとしても、たったの36,500日なんです。わたしたちの脳内のイメージで数えられる程度の数量なんです。

そして誰でもいつかはこの世を去る日が来ます。今現在のところでは、わたしたちに無限の人生は与えられていません。必ず終わりの日があります。
そしてそれは、決してそんなに遙か遠い未来のことではないのです。

未来を思って今日を生きる

たとえばこれから先もう20年生きるとしても、7,300日です。

一日に出来ることの分量を考えてみたら、7300日は決して長い時間ではないと、わたしはそう感じてしまうのです。

あなたは、今日、人生の何分の1かの貴重な1日を、どう生きますか?

行動する・創造する

昨日は、代々木公園ケヤキ並木で開催された東京ジャズの無料プログラムから、世界的ジャズピアニスト小曽根真さん率いるJFC All Star Big Band(学生選抜バンド)の演奏を楽しんできました。
一流の演奏家が生み出す場の力には、やはり素晴らしいものがありました。

2018Tokyo Jazz @代々木公園ケヤキ並木

ビッグバンド・ジャズは好きですが野外で聴くのはこれが初体験。
これが、とっても、たのしい~~!

天気は小雨模様で蒸し暑くて、集まった観衆でライブ会場は通路までギッシリ。
誰もが汗だくだったのだけど、小さな子供まで一緒になって身体でリズムをとってノリノリ~♬

音楽はいいですね、ホント。

そして、学生選抜バンドのみなさん。それは見事な演奏を披露してくれました。

世界的な超一流の現役ミュージシャンに、音合わせから本番まで本気で引っ張ってもらって、こうやって大勢の見ず知らずの観衆の前で共にステージに上がり、演奏するという体験は、彼らにとってどれほどの宝物になるでしょう!

名プレーヤーの持つ特別な影響力

小曽根さんのコンサートに行くたびに、いつも肌にひしひしと感じることですが、彼のような超一流の演奏家がバンドメンバーやライブの場を引っ張る力というのは、ほんとうに凄いです。

コンサートの口開けで、し~~んと静まり返った劇場に、最初の一音を鳴らす。それで、観客の集中をぐっと引きつけてしまいます。

世界の名プレーヤー達を相手に、世界各地で演奏活動を続けている方ですからね。単に演奏技術云々を越えた、そういう「場」に対する影響力というかコミュニケーション力、伝える力が必要なのです。

そういう名プレーヤーと、ライブと言う「場」を共にし、演奏を共にすることで得られるものは、レッスンで学び取るものとは別次元です。
ピアノ連弾
[小曽根さんとピアニスト君で息の合った連弾!]

場を共にすることでしか伝えられないものがある

「場」とそれを統率するリーダーの力に引き出されて、普段以上の演奏が生まれることはよく起きます。
それは、言葉や練習では伝えられない、学び取れない、特別な感覚なんです。

肌身で感じ、全身で受け取る「なにか」です。

この日のバンドのメンバーさんたちは、それを、この場でしっかりと、小曽根さんから受け取っていたんじゃないかな‥‥‥
そんなことを考え、彼らのこれからを想像したら、ますます、たのしくなってきました(*^^*)


東京ジャズ2018